Dell パソコン Inspiron 14 5482 2-in-1 2in1 の m2 SSD HDD ストレージ 交換してみた


先日買ったノートパソコン Inspiron 14 5482 2-in-1 2in1。windows10重すぎでHDたりなくなってきたので、HDD交換に挑戦しました。

今回改造するもの


inspiron 14 5482 2-in-1 2in1
サーフェスプロみたいにタッチペンが使えるパソコンで、いろんな形に変形できます。
おもしろそうだったので先日購入。好きなところで絵が描け便利で現在使っています。

[memo]


Dell 2in1ノートパソコン Inspiron 14 5482 2in1  

HDD SSD交換 理由

HDD SSDの容量 128GBモデルを買ったのですが、windows10のOSが容量多くてソフト少し入れただけで容量足らなくなってきました。残りの容量は56GBくらいスペースあったんですが、大型アップデートきたら容量足らなくなると思いHDD SSDを交換することにしました。

残りメイン HD 58GB
windows10メモリとるので・・少し心配

HDD SSD ノートパソコンにはいっているもの調べてみた

パソコンに入っているHDDは,
M2 MVME SSDでした。
M2 MVME SSD は M2 SSDの中で 一番高性能なもので
現在発売されているSSDの中で一番高いSSDでした。

うーんどーしよ・・・。
m2 MVME SSDは高くて予算オーバーしてしまうので
普通のM2 SSDを購入して交換することにしました。
(なんとかなるだろー・・・汗)

交換用に購入したもの

M2メモリの選定
パソコンの M2 SSDドライブは最大 500GBまで拡張できるので500GB欲しいものの、
8000円以上して予算オーバー・・・。5000円以内でぎりぎり買えそうな
240GB のSPシリコンパワー のM2 SSD買うことにしました。

シリコンパワー SSD M.2 2280 240GB SATA III 6Gbps 

USBケーブル付きケース
HDD SSD をコピーするのにパソコンにつなげるものが必要で
少し高いもののレビューが多いものを購入しました。
日本のメーカーのもの見当たらなかったので海外メーカーのもの選択。

Wavlink USB-C M.2 SATA SSDケース(NGFF/B Key)対応 

購入物金額 2019 /4時点

m2 SSD 240GB
4480円

m2 SSD USBケース
2999円

合計 7479円

USBケースについては近所のパソコン屋で1500円のケーブル売ってました・・・涙

近所確認してから購入すべきでした。うーん反省

 

m2 SSD ケーブル ケースで接続手順

1基盤にm2メモリをとりつけてケースに入れる。


2ケースに付属のケーブルをさしパソコンと接続

反応しました・・。

3ディスク管理に表示され m2 SSDをフォーマット
ディスク管理からSSDをフォーマットします。

4HDD SSDコピー クローン作成
EaseUS Todo Backupを使い HDD SSDの中身をコピー
数分後 無事成功。

ふー成功じゃ!!

m2 SSDを交換

パソコン本体を開いて m2 SSDを交換
デフォルトでは短い東芝製のSSDが入っていました。

交換手順
1 ネジをはずしm2 ssdをとりはずす
2 下の金具が短いSSD用の位置にはめられているので、はずして一番奥のフックにはめる
3 クローンのm2 ssdをとりつける


128GBのSSD  と 交換するSSD

長いm2 SSDと取り付けるので
下にはめられている取付金具を、はずして奥の金具にはめないといけません。
下の取付金具けっこうきつく、引っ張り出すとき 周りの基盤傷つけそうになりました・・・怖
慎重に下の金具外すようにしてください。

下の取付金具を一番端にはめると、長いM2 SSDも装着出るようになりました。

電源ON 結果は!!

無事起動


やったー
ちゃんと動きました。
東芝製ではなく シリコンパワーのSSDだったんですが無事交換できたようです。
無事起動できましたが少しトラブル発生。

トラブル発生 bitlocker発動

つないだものの内蔵HDDのもう一つのドライブに
windows10のセキュリティー bitlocker が発動し、
内蔵HDDにアクセスできなくなりました。
アクセスするには回復キーが必要で、マイクロソフトにアクセスして取得することができました。

ふーあせりました。

メモ hdd交換じゃなくても
急にwindows10で bitlocker発動するらしいので
回復キーはメモしておいたほうがいいみたいです

改造結果


ちゃんとm2 ssd 反応して、無事223GBになりました。
M2 MVME SSDじゃないと動かないかもと心配してましたが、
M2 SSD でHDD交換することができました。

これで大型アップデートきても大丈夫そうです。

ケースもSSDも両方値段高いので、失敗したらどうしようと思っていましたが無事成功しました。
ふーたすかった。

SSDのスピード


交換前のスピードはこれで

交換後のスピードはこれです。

交換後はMVME SSDより数字上 遅くなりました

変更後 体感スピード


ほとんど変わりませんでした・・・。
管理人はDTPやイラストでパソコンメインで使うのですが、全然問題ない感じでした。
重いソフトだと少し違いがあるのかもしれませんが・・・
DTP系ソフトだと差は感じませんでした。

感想

最初 m2 MVME SSDがはいっていて、普通の M2 SSD は 対応しないのか心配でしたが、無事交換できてよかったです。

m2 SSDは高性能だけに値段が高いので 痛いとこでした。

windows10は更新プログラムをインストールしていくと、容量がどんどんなくなっていきます。
windows10のパソコンを買う場合 メインHDDは
250GB以上のもの
買ったほうがいいみたいです。

自分はソフトOfficeいると思い、Office付き買うため128GBモデル買ってしまいました。
しかし買った後知ったのですが、windows10は昔のOfficeもインストールでき使える
のでOffice付き買う必要ありませんでした。知り合いに聞いておけばよかったです。


まとめ

word ,Excel ,paintソフト2個 以外ソフト入れない
128GB SSDモデル

ソフトをいろいろ入れて使いたい
258GB以上 SSDモデル

 

windows7やwindowsXPのころはOSは10-15GBくらいだったので油断してました。
windows10がこんなに重いと思いませんでした・・涙。
windows10の容量は37GBあたりまで下げられましたが、これが限界なのか容量減らす方法現在探しています。