UNITY C# 基礎メモ

C#のプログラムの基礎構文のメモです

string aaa=”こんにちは”;           //文字列
int         i=12;       //数字 int 整数
float     jj=1.0f;    //数字 float少数


配列
string[] arrayst={“あほ”,”ばか”,”ぱーでんねん”};
int[] arrayint={12,133,200};

 


if文

if(s1<=s2){
s3=s1+s2;
}

for文

for(int i=0;i<30;i++){
s3=s1+s3;

}

数字化
int n=int.Parse(str1);//数字化


文字分割
// カンマ区切りで分割して配列に格納する
string[] stArrayData = stCsvData.Split(‘,’);

// 必要な変数を定義する
string[] stArrayData = {“8”, “中博俊”, “XYZ”};

// 配列内のデータをすべてカンマ区切りで連結する
string stCsvData = string.Join(“,”, stArrayData);


関数

—————————————————–
public void maisu( ) //メソッド宣言部

pri.maisu( ); //(2)関数呼び出し

—————————————————–

public void maisu( )
{
//処理(1) 引数なし、戻り値なし
}

public void maisu(int a)
{
//処理(2) 引数あり、戻り値なし
}

public int maisu(int a)
{
// 処理(3) 引数あり、戻り値あり
}
Print pri = new Print( ); //オブジェクト作成
pri.maisu( ); //処理(1)メソッド呼び出し
pri.maisu( 5 ); //処理(2)メソッド呼び出し
int b = pri.maisu( 5 ); //処理(3)メソッド呼び出し

 


型変換
float bbb=12.23f;
int aaa=(int)bbb;
int aa=int.Parse(“100”)

//文字列をint型に変換
int i = int.Parse(“100”);

//文字列をlong型に変換
long l = long.Parse(“100”);

//文字列をfloat型に変換
float f = float.Parse(“100.1”);

//文字列をdouble型に変換
double d = double.Parse(“100.1”);

//文字列をbool型に変換
bool b = bool.Parse(“True”);